400th Anniversary

Special Thanks

Main Menu

Admin Log In

ユーザ名:

パスワード:


SSL

おおごえ大乗寺『こころの栄養』~MEMORANDUM~

 日常生活において、記憶に留めておきたい言葉に逢うことが偶々ある。しかし私が還暦を過ぎて齢を重ねるごとに忘却したり、メモしたものを紛失したりすることが増えてきた。
 他人とっては他愛もないことであっても、自分にとっては大切であり、感動を覚えたことをメモしておこうと思い立ち、ここに記すことにした。
 珠玉の稿を目指すものではない。自分の心をいくらかでも高めるための栄養になれば嬉しい。
 極端に言えば新聞の切り抜きでもよい。新聞やテレビの情報をもとに自分の提言をしてもよい。それらをメモして人間形成の一助としたいと勝手に考えた。
 研究課題の問題の吐露を書くかもしれない。前進せずに後退したとしても、前を向いて懸命に進み続けたいものだ。
 何もせずにじっとしてはいられない。淀んではいられない。この「いのち」はいつまであるか分からないのだ。私の脳の海馬に刻みつけたいことは何でも記したいと思う。
 随時に記すこととして、自分自身の教養を広げ、心の栄養としたいと切に願うものである。

大乗寺住職 干河岸昭信 (福島県田村市大越)

2007年1月19日(金曜日)

頑張っている矢祭町に学ぼう

カテゴリー: - admin-enjuji @ 15時43分26秒

平成の大合併で、全国の市町村は平成11年度末の3,232から本年3月12日には1,807になる予定である。福島県内では90から60に減る見込みであり、今後も続きそうである。

これは国会で地方分権が決まり、人口の減少や財政が逼迫し、地方交付税の削減が拍車をかけたものであろう。

その中で、現状では合併しないと真っ先に自立への道を選んだ矢祭町が、一躍全国からの注目を浴びた。

同町は、個人情報保護のため住基ネットを断固接続を拒否し、国からの圧力をはねのけた。

役場庁舎は築45年と古いが、根本良一現町長は助役以下全職員が掃除を当番制で行い、徹底した人件費削減に努めている。

行政が大きくなると、町民にきめ細かにサービスができないと窓口を年中開くなど、町長の指導力と職員の公僕精神には頭が下がる。

その姿に共鳴して、住民の行政への関心が深まり、ボランティア活動が盛んになってきたという。
図書館の必要性から全国に本の寄贈を呼びかけ30万冊という善意が全国から寄せられた。その中には高価な書籍や新本も少なくなかったという。

今までの柔剣道場を改修し、「もったいない図書館」が誕生した。このことは、発想の転換によってはお金を遣わずにすばらしいものを作ることを教えている。


コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

13 queries. 0.008 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Links