400th Anniversary

Special Thanks

Main Menu

Admin Log In

ユーザ名:

パスワード:


SSL

樂永山圓壽寺のあゆみ


圓壽寺の開基は、慶長18年(1613)7月25日で、新國西念が創建して以来代々法灯を継承して現在に至っている。

寺祖新國西念は岩瀬郡長沼城主(福島県岩瀬郡長沼町)新國上総介頼基(貞通)の嫡孫として出生、幼名を竹丸といった。

enkaku-img.jpg父新國伝吾基親は竹丸が8歳のとき、天正18年(1590)11月「九戸の乱」に蒲生氏郷の武将として出陣、姉帯(岩手県二戸郡一戸町)の戦で壮烈な戦死を遂げた。竹丸は、長沼城主として政治を執るにはあまりに幼かったので、叔父新國吉親が後見人として治めたが蒲生氏郷の会津支配により長沼を去り、一族を率いて大沼郡尾岐窪の地に移された。

戦国の世の空しさや、戦ごとに悲しむ一族、家臣の姿に無情を感じた竹丸は、菩提寺の長沼(岩瀬郡長沼町)本念寺住職繹西誉のすすめもあって、西誉と、老臣であり傳役の遠藤対馬を伴い上洛、本願寺12世准如上人の手により得度、繹西念の法名をいただき僧侶となった。

京都室町において准如上人の膝下で勉学に励むこと14年、師の許しを得て、遠藤対馬の息子次郎右衛門を同道し奥州安積郡日出山(福島県郡山市安積町日出山)の地に入った。ここ安積郡内には新國氏の旧臣たちの土着、帰農も数多かったためである。その後に、西念は小原田村字古寺(現在地)にある無住の草庵(威光庵)を浄土真宗の聞法の場とし、威光山長福寺を興した。

山号を樂永山と改めたのは、豊臣秀吉が小田原北条氏を征服、奥州仕置のため会津黒川に向う途中の天正18年8月長沼に宿泊の折、城主新國上総介頼基が城内上郭巽に新殿を造営してもてなしたところ、秀吉は非常に喜び早速筆をとって「樂永閣」と名付けられた由緒によるものである。

その後、5世住職空心の代に、8代将軍吉宗の嫡子が長福丸(9代家重)と名付けられたため、享保元年(1716)7月7日、長福寺から圓壽寺と改めた。「圓壽」とは空心が慈母の広大な恩に報いようと、その法名繹圓壽からいただいたものである。


新國姓


新國氏の名前がこの地方の古い文献に出るのは、文正元年(1466)会津芦名氏の部将として、安積(あさか)郡中地、小倉(おぐら)城主(現郡山市湖南町)に任ぜられた新國信濃守棟菫が初めてである。

この頃の会津地方は、宗祖親鸞の面授門弟である無為子やその門弟たちによる「太子宗」がひろめられており、その教義の広がりは中通り地方にまで及んでいた。聖徳太子信仰は、親鸞の六角堂夢告として、また太子和讃に見られるように初期真宗教団においては聖徳太子が本尊視されるほどであった。

芦名盛高の子浄顕が会津黒川城(現鶴ヶ城)城下に極楽寺を創建、また周辺に専福寺、本光寺、満福寺など数多くの寺院が建立されていることから、家臣や一般庶民の中に太子宗が深く浸透していたことがうかがえる。

新國信濃守棟菫も、会津芦名氏の武将であったため太子宗に帰依し、親鸞の教え、阿弥陀如来信仰を深めた。

2代目小倉城主となった新國和泉守棟頼は地域の人々の信仰のより所として、横沢(郡山市湖南町)に本願寺3世覚如上人の弟子玄栄の創建と伝わる太賀山太子寺を再興した。

この太子寺は、新國氏の庇護のもとに西信−教了−全栄と存続するが、新國信濃守幸頼の代にいたり永禄4年(1561)岩瀬長沼城に移封されると、全栄も長沼に移り本念寺と改め、さらに勝誓寺を建立し浄土真宗の梵宮とした。勝誓寺は後、須賀川(福島県須賀川市)に移る。


歴代住職


 西念 − 善可(2) − 正傳(3) − 秀夢(4) − 空心(5) − 空潭(6) − 慈恩(7) − 億矩(8) − 普聞(9) − 西嘯(10) − 西仰(11) − 大真(12) − 西賞(13) − 西新(14) − 正信(15) − 善寛(16)


プリンタ出力用画面


Links